WordPressの初期設定をしよう

前回の記事では、WordPressにテーマをインストールするまでをご紹介しました。

ここまでの内容だけでも、WordPressを使うことはできますが、より最適化するために、WordPressの初期設定を行っていきます。

 

WordPressの「設定」で初期設定をしよう

 

管理画面の下段にある「設定」→「一般」をクリックしてください。

ここではサイトタイトルやキャッチフレーズ等の変更ができます。必要事項を入力してよければ「変更を保存」をクリックしましょう。

 

 

次に同じく「設定」→「表示設定」をクリックしてください。

この項目では、サイトのトップページをどこに表示するかを選択することができます。

デフォルトでは、「最新の投稿」にチェックが入っていますが、「固定ページ」にチェックを入れてホームページをサンプルページに表示するように設定しておきましょう。

 

 

次に、「設定」→「パーマリンク設定」をクリックしてください。

ここでは、URLの表示文字列を変更することができます。

デフォルトでは「日付と投稿名」になっていますが、非常にURLが長くなってしまいユーザビリティを損なう原因になりかねません。

URLは、今自分がどの階層にいるのかがすぐ分かるようにするのがベストです。

なので、「日付と投稿名」のチェックから「カスタム構造」にチェックを入れ直し、「/%category%/%postname%/」と記入しましょう。

 

 

こうすることで、「http://ドメイン/カテゴリー/投稿名」のように分かりやすいURLにすることができます。

 

以上で、WordPressの初期設定が完了しました。

最後に、管理画面の各項目の説明を簡単にしてこの記事は終わりにしたいと思います。

 

WordPressの各項目の説明

 

投稿:主にブログなど更新が必要な記事を作成する時に使います。

アイコンがピンのマーク:カスタム投稿タイプと呼ばれる特別な機能を持った投稿ページです。

メディア:写真などのコンテンツをアップロードすることができます。

固定ページ:ウェブサイトのあまり更新しないページはここで使います。分からなければ、ブログは「投稿」、それ以外は「固定ページ」で作成すると覚えておきましょう。

コメント:ブログなどに寄せられたコメントの編集ができます。

外観:テーマの編集や設定ができます。

プラグイン:WordPressを拡張するためのツールがダウンロードできます。その数は膨大で、例えばお問い合わせページを作りたいと考えた時にプラグインを探して適用させればプログラミングの知識がなくても簡単に導入することが可能です。

ユーザー:管理者についての設定を行うことができます。ブログなどで見かける「この記事を書いた人」はここで設定が可能です。

ツール:データのインポート、エクスポートができますが普段はあまり使う機会がないので気にしなくても問題ありません。

設定:サイト全体の基本的な設定を行うことができます。

 

いかがだったでしょうか。

dekirukoのテーマを購入していただいた方は、ここまでが無料サポートの範囲となります。ここまでで、設定がうまくいかない場合は、dekirukoのサポートまでご連絡ください。

 

次の記事では、dekirukoテーマで使用するプラグインのインストールから設定についてご説明します。

Public Relations ご案内

上下左右に動くビルのような
WPテーマ「adam」

フリックや矢印キーに連動して画面がダイナミックに動く前例のないテーマを開発しました。こんなに複雑なアニメーションなのにdekirukoテーマを使えば画像とテキストを入れ込むだけで簡単に作れます。

About US この記事を書いた人

dekiruko

国産WordPressテーマの販売サービスをしています。